手を差し伸べる医師

うつ病を理解するには

医者とカウンセラー

身近なうつ病患者と接する時に注意すること

うつ病を患う人は、自分の症状の事に気づきながらも、すぐ治る、一時的なものだと考えがちです。まさか自分がという思いを持つ人が多く、睡眠障害や気分が塞ぎがちといった少しの症状ならば、病院に行くほどのものではないと思う人が多いです。しかし、うつ病は適切な治療を行わないと、どんどんと悪化し治りにくくなるのです。家族やパートナー、友人といった周りの人から見て、様子がおかしいと感じる事が続くようであったら、うつ病の症状について話をしてみるのが大切です。この時注意して欲しいのは、優しく語りかける事です。うつ病だと決めつける事や、病院への受診を無理やり進めるのは良い事ではありません。うつ病の人の心はデリケートなので、あくまでも優しく接する事が大切です。

新しいタイプの症状にはどんなものがあるのか

うつ病の症状が出ている人というのは、つじつまが合わない事や、ネガティブな意見に偏りがちになっている時が多いです。そんな時でも、強く拒否し、決めつけて話をするのは良くありません。孤立感や孤独感が強まりやすいうつ病の症状だと、すぐに自分の殻に閉じこもってしまう事があります。患者さんの話を頭ごなしに否定するのではなく、一旦その話をじっくり聞いて、会話していく事が必要です。

うつ病の症状が出ている人に特にタブーだと言われている事が、「励まし」です。「頑張ってね」、といった言葉に代表される励ましは、通常の一般的な生活を送る人にとっては特に何も感じない、逆に嬉しい言葉なのですが、うつ病の人にとっては辛い言葉となるのです。うつ病の人は、頑張り意欲がなくなってしまう病気なので、温かく見守ることが大切です。

 周囲の人がうつ病にかかったら、あなたならどのように接しますか。「励ましてはいけない」などとよく言われますが、励ましていけないのだとしたら、どう接したら良いのでしょうか。  家族や親しい同僚がうつ病になった場合、最も心がけたいことは相手が病気だと言うことを理解する、ということです。それまでとはまるで別人のように変わってしまったとしても、それはあくまで病気の症状であって、その人の人格ではない、と自分に言い聞かせて下さい。そうすれば、相手がいかにも無気力で、何もせずに寝てばかりいたとしても、意見したり、叱咤したり、などという態度にはならないでしょう。  そして、次に大切なことは、病気なのだから必ず治るのだ、と信じることです。励ましの言葉が禁句だとしても、希望や期待を捨てるべきだ、というわけではありません。単なる病気の症状なのだから、その症状を治せば、以前のあの人に戻るのだ、という希望を持って接するべきでしょう。  うつ病の症状は良くなったり悪くなったりを繰り返し、長引くことが多いです。周りの人もゆったりと構えて、気長に付き合っていきましょう。

 うつ病はこれまで生真面目で責任感が強く、自分を責めがちな人がかかると言われて来ました。しかし最近、このタイプに当てはまらない新しいタイプのうつ病が増えてきているのです。  新型うつの症状としては、自分の好きなことをする時には元気になりますが、やりたくないことをやらなければいけない時には打って変わってふさぎ込んだり、何かあるとやたらと他人を責めたりします。例えば、うつの症状で仕事を休んでいるにも関わらず、海に遊びに行く元気はあって、真っ黒に日焼けしてニコニコしていたり、上司に仕事の不備を指摘されると、必要以上に上司の方を恨んだりといったようなことです。  この新型うつ病の厄介な点は、周りから見ていると単なる怠けにしか見えいことです。もし周りにこんな症状の人が居ましたら、怠け者とレッテルを貼る前に、一度専門医を受診するよう勧めてみませんか。うつ病は病気ですが、必ず良くなる病気なのですから。