手を差し伸べる医師

病院に行ってみる

女性医師

うつは治療によって状態が良くなる病気

うつ病は、周りのサポートや早期治療によって治る病気となっています。それは、医療機関などで専門医に診てもらい、適切な治療が行える場合です。病院に行くのは抵抗のある人も多いと聞きますが、本人と話をし、よく治療の必要性を理解して受診する事が大切です。病院に行く時にはまず、からだの状態を患者さん本人と確認するのが良いです。不眠や全身のだるさなどの症状を確認し、一度病院に行ってみたほうが安心するから一緒に行ってみよう、といった感じで誘ってみるのが有効だと言われます。すぐにうつ病症状が出ているから治療しよう、というのではなく、身体の不調の原因を調べに行こう、というスタンスの方が受け入れやすい人もいます。

うつ病を扱う病院は多くあります。精神科や心療内科といった名称の科目を持つ医療機関ではうつ病の診断の出来る専門医がいるので、そのような病院やクリニックで受診するのが良いです。うつ病は特に医師との信頼関係がしっかりとしていないと治療にならないと言われています。患者さん本人にとって通いやすい、信頼できる医師を選ぶ事が大切です。今では、病院の情報をネットなどですぐ調べる事が出来ます。病院やクリニックの開設するホームページや、医療機関専門の口コミサイトなどでは、どのような体制で行っているのか、病院の評判などを知る事が出来ます。

うつ病の受診の際にはどのような症状があるのかをまとめておく必要があります。その症状と問診から診断を下すので、不眠や食欲不振、便秘といった身体症状から、抑うつ、無気力といった精神症状まで、うつの症状として挙げられているものが出ているなら、しっかりと説明できるようにしておいた方が良いでしょう。

うつ病になったことがない人間は、その症状や状態のことを理解ができません。そのせいでうつ病の患者はより周囲から追い詰められ、孤立していく傾向にあります。 うつ病の患者に頑張れといった言葉や、やればできるという励ましは禁物です。うつ病の患者はその状態でも、十分すぎるほどがんばって行動している状態なのです。 うつ病の患者に接する時は、その点を踏まえて相手をよく理解した行動をとってあげることが大切です。話しかけるときもよくやってるね、頑張っているねという言い方に変えてあげると患者の心を傷つけることはありません。 もしあなたの身の周りにうつ病の症状を訴えている患者がいたら、その人のおかれている状況を十分理解してあげることが必要です。そして相手に対する接し方についても、同情でも叱咤激励という感情ではなく、理解を示してあげることが大切です。