うつ病の相乗、お医者さんに相談しませんか?手を差し伸べてくれる人がいます。

うつのサイン

うつとは

うつ病の原因については様々な事が言われています。遺伝性のものである、または日常のストレスが原因だとも言われ、人それぞれに当てはまる項目があります。今やうつ病は珍しい病気ではなくなり、現代病として多くのメディアや雑誌でも取り上げられています。怠けグセや無気力な状態と酷似している為に、本人でさえも気づかない場合があるので、周りから発見して早めの治療を促すことも大事です。大事な家族やパートナー、友人、会社の仲間など、自分の周りの大切な人を守る為に気をつける事が大事です。

働く人のうつ

うつ病のサインは、その人のライフスタイルごとに顕著に見られる症状が異なると言われています。自営業者やサラリーマンなど、仕事を持つ人は、身だしなみに変化があると言われています。普段はおしゃれと言わなくても、それなりに身なりを整えていたような人が、全く身だしなみに気を遣わなくなったという事も、うつ病の症状のサインとしてよく言われる事です。また、眠れない、話しかけてもボーっとしている事が多いといった例も見られます。会社や仕事の事を聞かれると、不機嫌になったり、起こったりする事も働く人のうつ症状としては多く聞かれます。

家族のうつ

ご家族から見る、うつの症状としては、いつもは家事をしっかりと行ってくれるのに、以前よりも掃除をする頻度が減り、散らかっていてもそのままという状態はうつ症状の兆候の一種だと言われています。また、何をやっても楽しくなくなり、感情の浮き沈み激しいのもうつの症状として当てはまるものです。食欲が減退して、体重減少するという事もうつの兆しとなっています。

うつ病とはどんなものか

うつの症状として挙げた事柄は、実は日常生活を普通に行っていても、見られる現象です。その症状だけでうつ病だと決めつけるのは早計ですが、心の内に留めて置く必要があります。これらの症状が2週間以上続く慢性的なものであれば、一度相談してみるのが良いと言えます。

うつ病は誰でもかかる可能性がある病気です。そのため、心の風邪という表現で語られることもあります。それだけ一般的な病気でありながら、その病気に対する周囲の理解はまだまだ十分とはいえないものがあります。 うつ病の症状では抑うつといったものと、何をみてもやっても興味や喜びを得られることができないという、感情の喪失感といったものがあります。これらの症状は精神的なものであり、肉体的には一見して問題が無いようにみえるため、周囲からは怠けていると思われることが多いようです。 しかしうつの症状では、精神面での不安定さから不眠症の症状が出ることもあります。これによってうつ病の患者は、精神面の他に肉体的にも不調に陥ってしまうことも少なくありません。

TOPICS

医師によるカウンセリング

軽度〜重症うつ症状

うつ病と一言で言っても、様々な段階があります。その段階は症状の表れ方から判断する事が可能です。軽症うつの場合から中等症、また重症うつの症状などについて簡単に紹介します。

医者とカウンセラー

うつ病を理解するには

通常の状態と違って、周りの人の戸惑いも大きいうつ病ですが、実は本人が一番苦しい思いをしています。周りがその症状をしっかりと理解する事で、その症状も和らぎ、本人が心穏やかに治療する方法があります。

女性医師

病院に行ってみる

患者は、うつの治療をしようと決意するまでになかなか時間がかかるものです。うつ病は治る病気です。早めの治療を行なう事が、症状の軽減にもつながるので、早めの治療を行なうことが良いとされます。